ブライス かぎ針コーデュネートブック 買って作りました。

ブライス持っていないのですが

ブライスというお人形さん、

他の方のブログで知ってはいましたが、

調べても調べても、

サイズがよく分からない。

どうしていろんな肌や目や髪の色があるの?

顔カバーのようなパーツがあるのは公式?

など 結構分からないだらけでした。

そんなこんなで、何となくは知っているだけの

顔を見れば

「ああこれがブライス」と分かる程度の私ですが、

このたび、ブライスのかぎ針で編むお洋服の本を買ってしまいました。( ゚Д゚)

書店でかぎ針編みコーナー全部みて一番センス輝いていた

3日ほど前に

書店に寄って、かぎ針編みのコーナーをほぼ全部みていたのですが

その中で、

「センスがいい!」と思って

買いたいと思った本が2冊。

そのうちの1冊が

このブライスのかぎ針編みのコーデュネイトブックでした。

2冊買おうか…と思いましたが(;^_^A

とりあえず

この1冊にしました。

ブライスとは お人形さん

ブライスはお人形さんです。

本の24ページに簡潔な紹介があります。

Whats Blythe?  ブライスとは

ブライスは、ファッションやトレンドに敏感な大人のドールファンの心を虜にするファッションドールです。他のドールではあまり見られない、ぱっちりした大きな瞳と華奢なボディで様々な服を着こなす、フォトジェニックなドールとして愛されています。

『1年中楽しめる かぎ針編み ブライスのコーデュネートブック』P24

ブライスにもいろいろある

本の写真を見ても、髪、肌、瞳がいろいろなお人形さんとわかるのですが、

サイズも複数パターンあるらしいです。

最初に1年間だけ販売された子供向けの ヴィンテージ ブライス

大人むけのファッションドール 復刻版のネオブライス

妹版 プチ ブライス

フィギュアバージョン ブライスベル

大人でもない子供でもないミディ ブライス

単にブライスと言ったら ネオブライスの事らしい。

今回買った本には 特にどれとは書いてないので

初心者には、悩ましいところです。

お洋服がハンドメイド サイトなどでも販売されている

ハンドメイドサイトやフリマサイト では

「ブライス」で検索すると

ブライスのお人形さんの写真が出てきますが、

数千円の時は

たいてい お洋服だけの販売でした。

そう、本体はなかなか売っていない。

ただ、お洋服だけ作って販売している人もいるんだなあと思いました。

もっとも、今回購入した『1年中楽しめる かぎ針編み ブライスのコーデュネートブック』に載っているお洋服は自分で作って楽しむだけ。

販売はできません。(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

とりあえず 作ってみた。 リボン

まずは 手持ち材料で作れそうなリボンを手がけました。

P4~5の写真に載っているものです。

指定の糸はないので、手持ちの

ハマナカ ピッコロで かぎ針4号で編んでみました。

細編みの平編みが久しぶりすぎて

数え方が分からなくなりました…。

いや、細編みで平編みなんて小学生ぶりかも知れないので

そもそも数えたことあるのか…?

リボンを編んでいる途中です。

細編み段数の数え方

1段目は アルファベットの「V」 に見える。

2段目は カタカナの 「ハ」の字に見える。

その繰り返し

奇数段は V の字。

偶数段  ハ の字…。

と、いうものですが…

私には2段目(偶数段)が 「ハ」の字に見えない…

( ;∀;)

なんで~。

それで自分なりの方法ですが

「ハ」の字の上には「ー」横棒がある

そう認識して、数えました。

また、裏から見ると

2段ごとにひとかたまりの手触りになっているので、

「2,4,6、8、10(に、し、ろ、や、とお)」と数えて

指定の段数まで確認しました。

リボン 右側が表です。結んでいるので 左側は裏面が見えていることになる。

本の通りにリボン編んでよかったこと

以前自分で ハーフボンネット作ったときに疑問だったのですが

本体部分と、縁のレースひらひら部分は糸をつないだまま編むのか?

反対側のヒラヒラはどうやっているの? と。

ハーフボンネットの時は

リボンのように長方形に編んで長辺にヒラヒラを付けたものでした。

これはわたしの作ったハーフボンネットとは違いますが

考え方はこれでいいのか、と

プロの作品でこういう糸のつなぎ方なら

自分なりの考えも間違っていなかったな、と思いました。v( ̄Д ̄)v イエイ

広告

センス良くなるには

良いものにたくさん触れる、ことだと思います。^^

アップルミンツさんの書籍は

kindleで無料で読める分は全部読んだのですが、

今まで購入に至ったことはありませんでした。

しかし、この本は

今までにはない、熱量を感じます。

それもあって「センスいい」と感じて購入に居たりました。

自分もこういうものに触れて、少しでもセンス良くなったらいいなあと思いました。

まとめ

ブライスを持っていなくても

『1年中楽しめる かぎ針編み ブライスのコーデュネート ブック』買って

作って、楽しんで

センス良くなりたいと思って行動しております。^^

読んでいただいてありがとうございました。

ブライスの代わりに あみねこさん にリボン載せてみた。

何を着ても似合う あみねこさん…。

にほんブログ村 のランキングに参加しております。

いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ハンドウォーマー作り方 編み図 簡単
ハンドウォーマー作り方 編み図 簡単